まるで新築くんTOP >> 特集[SPECIAL SHORT STORY] >> 第2話 キッチンを変える日

キッチンを変える日


OLの頃、ご飯の炊き方すら知らなかった私が専業主婦になって料理を始めたことは、友達の笑い話になるほどだった。
でも、愛する家族のために毎日味噌汁を作り、肉じゃがを作り、ハンバーグを作るうち、いつしか私は、近所でも評判の“料理上手”になっていた。そんな私にある日、友達の由美子が言ったのだ。「ねぇ、料理教室開いてみたら?」と。

主婦を始めて15年。子育てもひと段落した今、確かに何かを始めたい時期でもあった。料理教室と言えばちょっと大げさかもしれないけれど、自宅に数人の友達を呼んで、料理を作って、おしゃべりしながら食べて…。そんな、サークル的な活動ができれば楽しいかも。

とは言っても、今のわが家のキッチンは2口コンロにシンクが隣り合わせていて、作業スペースはホームセンターで買い求めたワゴンの上の狭い狭いスペースだけ。娘とふたりでキッチンに立っても窮屈なココで、果たして教室なんてできるんだろうか?



ふと、読みかけの雑誌が頭をよぎった。ページをめくると、「キッチンリフォーム特集」が組まれている。狭いキッチンが快適でおしゃれな空間に。いいなぁ。早速夫に話してみると、意外にも答えは「OK」だった。「これまでキミもがんばってくれたから。予算を考えながら計画してみたらいいよ」

早速、翌日からリサーチを開始した。一番に欲しいのは、作業スペース。例えば「クリナップ」のSSシリーズには、ツールコンテナというものがあって、調理器具をまとめて収納でき、作業台としても利用できる。他に余計な収納がいなくなるから、空間も広く使える。鍋などの重いものを入れる収納には引き出しが軽がると開閉できる「S.Sサーボ」というシステムを取り入れたいな。それからシンクは絶対、錆びにくくて耐久性のあるステンレス製に。ふむふむ、「美・サイレントシンク」のシリーズなら水はねの音なんかも、すごく静かになるのね…。


学生時代以来の集中力でありとあらゆるキッチンを調べ上げ、3ヵ月後、私の完璧なプレゼンテーションは見事主人の許可を勝ち取った。赤を基調にしたモダンなキッチン。アイランド型で、皆で一緒に作業もできる。晴れて理想のキッチンが現実になったのだ。

そして今日は、数人の友人を家に招き「オープンキッチン」を開催した。引き出しを開けたり閉めたり、ステンレスをなでてみたり、皆が興味深々だ。「いいなぁ、私もキッチンリフォーム考えようかしら」「料理教室、楽しみね。私絶対通うから」。なぜか夫も横で鼻高々だ。「みなさん、ぜひお友達にも宣伝してくださいよ」。そんな夫に、このキッチンで、今日はとっておきのディナーを作ろうと心に決めた。









第1話:「家族が増えた日。」

選んで納得リフォームプラン

最新の機能とデザインを採用した納得のセットプランです。

充実の水廻り 納得の内装・外装 こだわりをプラスしたセレクトプラン ワンランク上のグレードアッププラン

選んで納得リフォームプラン

最新の機能とデザインを採用した納得のセットプランです。

充実の水廻り 納得の内装 こだわりをプラスしたオプションプラン

全面リフォームの内容を今すぐ知りたい方

まるで新築くん(WEBカタログ)

まるで新築くん戸建て編・マンション編のカタログが今すぐインターネットでご覧頂けます。

戸建てのWEBカタログを見る マンションのWEBカタログを見る

全面リフォームをもっと詳しく知りたい方

まるで新築くん(戸建て、マンション編)

まるで新築くん戸建て編・マンション編のカタログをお宅の最寄りのリフォーム工事店より無料でお届けします。

戸建てのカタログを請求する 戸建てのカタログを請求する

▲ このページの先頭に戻る

Adobe Flash Playerは、ボタンを押して移動したサイトで入手できます。さらに詳しい情報は「Adobe Flash Playerをインストールするには」ご覧ください。